アカセンどっとCOM

Kawasaki Z250からYAMAHA YZF-R6乗りへ。ロンツーやキャンツーなどツーリングの記録がメイン。

和歌山ツーリング(和歌山じゃない編)

まだ知らぬ地へ。
こんにちは、あかせんです。

あれは、そう、お盆の頃。R6にちょっと慣れたかな?ってときに長期休暇がとれてしまった。
じゃあ仕方ないな!和歌山行かなきゃ!ってことで和歌山を走りに、琵琶湖と神戸と四国を経由して行ってきた。
和歌山にはまだ着きません。

欲張りプラン

6日間も休みがあるのに和歌山だけ行って帰ってくるのも芸がない。どうせなら周辺の行きたいとこ行っちゃえ!といういつもの流れ。

おおざっぱなルートは

東京 → 琵琶湖 → マキノ高原 メタセコイヤ並木 → カワサキワールド → 徳島 → 友ヶ島高野山 → 龍神 → 本州最南端 → 東京

てな感じで走ってきた。

珍しくスケジュール通りの旅だった(迷子になってないとは言ってない)
積載の準備が充分にできなかったのと、龍神スカイラインで気持ちよく走りたかったので、荷物少なめになるビジホツーにした。
ETCの喜びを知ってしまったので、高速使いまくりで時間には余裕があるはずだったのに、気づいたら4泊6日の鬼プランになってた。なんで…?

しゅっぱつ!

あれ?(寝坊)
仕事の疲れで起きれず…。といっても初日は移動のみ!琵琶湖の近くまでただ走るだけなので問題はない。
なお、遅くなったせいでラスト1時間は豪雨。なんで…。

メタセコイヤ並木

次の日、琵琶湖をぐるりと反時計回りに走ってマキノ高原へ。湖沿いに優雅に走るはずが、あれ?(迷子)

このツーリングのためにスマホホルダーを取り付けていたのだけど、使わないときはホルダー本体は取り外しておいて、バイクに固定する部分は取り付けたままにしていた。本体を取り付けるネジも一緒に…。

ネジくん「じゃあの」

気づいたときはネジくんいませんでした。
迷子民、2日目にしてナビを失う。


f:id:aka-sen:20171029235511j:plain

いつも通りに迷いながらなんとかメタセコイヤ並木に着いた。生憎の雨だったけど、いい雰囲気。
平地にドーンと立つ木々の存在感の間を走るのがすごく気持ちいい。

f:id:aka-sen:20171029235827j:plain
写真も捗るぜ。

世界のカワサキ

適当に南下して神戸に向かいます。目指すのはカワサキワールド!ずっと行ってみたかった!…Z250で。
仕方ないね。昨年末にヤマハ コミュニケーションプラザ(閉館中)にZ250で喧嘩売りに行ってたし、お礼参りってことで?

途中で通った大阪周辺は行ったことすらなく、地名見てもどこなのかわからないレベル。お陰様で高速では逆方向乗りました!
わかっていたけど神戸に向かう道は超渋滞。しかもくそ暑い。熱中症の心配しつつのろのろ走る。すり抜けてもよかったけどまだ不慣れのためあまりしなかった。
なんだかんだで閉館ギリギリにカワサキワールドに到着!

f:id:aka-sen:20171030000145j:plain
ザ・港街!横浜より断然こっちの方が好き。

館内は船の模型やこども用の遊戯コーナーなどがある。目的は当然バイクの展示!

f:id:aka-sen:20171030000317j:plain

最新のバイクから歴戦のレーサー、時代を象徴するバイクの展示など様々。全車種がズラーっと展示されてたりするんじゃないか?世界を謳っているんだもの!て思ってたけどさすがにそれはなかった。でもいろいろなバイクを見れて普通に楽しい。

f:id:aka-sen:20171030001940j:plain

無駄に四国入り

本日のお宿は徳島です。
なぜ徳島なのかというと、大阪から和歌山にかけてのホテルがとれなかったから。そこで徳島から和歌山へ早朝からフェリーが出ていることを思い出し、いっそ四国へ。ついでにうどんも食えるし一石二鳥だな!やったぜ。

うどんを求め四国へ向かうもあたりは既に暗く、行きたかったうどん屋はさぬき市の方。どう考えてもうどん食いにだけ行く距離じゃない。翌朝も早いことだし泣く泣く断念して徳島駅前のホテルへ向かう。

だけど、どうしてもうどんが食いたい!ので夜のお散歩しつつ徳島のうどんを食べに行くことにした。
適当に夜でもやっている「セルフうどんやま」というとこへ。はなまると同じシステムのうどん屋だったけど、めちゃうま!

このとき、徳島では阿波おどりの時期だったらしく、太鼓の音が聞こえたり、阿波おどりの会場みたいのが出来ていた。ただ、当然夜なので踊っている人はいない。知っていれば時間作って観光したのに!もったいないことしたな。

f:id:aka-sen:20171030003551j:plain
セイバーさんですね?(にわか知識)

四国は見どころ・走りどころがたくさんあるからいずれまたゆっくり来たいな!